かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

【元アパレル店員だからわかる】2016年バーゲン 傾向と対策

      2015/11/21

メンズバーゲン

段々と寒くなり、早いもので場所によってはバーゲンセールが始まる時期となりました。

ほとんどの所は冬のバーゲンと言ったら、年明けとともの始まるのですが、

実は年明け前から少しずつバーゲンは始まっているんですよね。

そこで今回はファッション業界で働いていたからこそ知っている

バーゲンの上手に活用するコツと裏事情について話していこうと思います。

 

だまし絵デザインTシャツはとことん安い!

2015流行

Tシャツやジーンズなど、あまり流行に左右されないベーシックの商品は安くなることは少ないです。

なぜなら、安くして売り捌かなくても流行に関係ないもの次は年も売れるからです。

 

安くなったとしても20〜30%オフくらいです。

 

ただし、Tシャツにも若干の流行はあり、だまし絵のデザインが入ったTシャツが流行ったり、クルーネックTシャツからVネックTシャツへとトレンドが変わった時は、

だまし絵デザインTシャツ、クルーネックTシャツは早く売り捌きいので、50〜80%オフなど、とことん安くします。

 

ベーシック商品とは、うって変わって今シーズンの流行服などは、トコトン安くなります。

なぜなら、来年は全く売れないかもしれないからです。

なので、今売らなければいつ売るんだ!!という感じで90%オフになることだってあります。

売り捌くチャンスは今シーズンしかありませんからね。

 

売れていない商品は早い時期から値下げされる

バーゲン

売れていない商品は早めに見切って、どんどん値引きされる

売れ残るくらいなら早めに値下げして、「◯◯%オフですよ〜!!」と目玉商品にして売り捌きたいのです。

これは逆説的な考えですが、売れていない=ダサいというわけではなく、売れてないからこそ着ている人が少ないということなので、「売れ残り」ってマイナスなイメージがありますけど、必ずしもそうとは限りません。

人と被らないものが好きという方は、これを狙って安く買うのも良いかもしれませんね。

実際、私はそれを狙って買い物をしています。よほど売れないのか、相当な値引きをされています(笑)

 

バーゲンの時期は、各店舗によって違う

売れ行きの良い店舗は、出来るだけ元値で売り切りたく最後まで粘るのでバーゲンの時期が遅くなります。

それに比べて売れ行きが不調な店舗は、元値で売れないということで、早めに見切りをつけて値下げに踏み切ります。

他の店舗より早くバーゲンを始める事で、他店舗より目を引くことになるので、売り上げの底上げになります。

 

業界全体の売り上げが悪く、洋服があまり売れない年は、バーゲンの時期が全体的に前倒しされる

東日本大震災があった2011年はまさにそれでした。

どこの店舗も、その年トレンドのネオンカラーを打ち出してましたが、震災の暗いムードが影響して、明るいネオンカラーが全く売れない年だったのです。

あの年は、僕は販売員をやっていましたが、本当に売れなくて困りました。

春と言ったら明るめの洋服が売れるのですが、暗いムードが影響してか、明るい色より暗い色の黒、グレーが売れるという年でした。

 

値引き率は、各店舗によって違う

イオンセール

ショッピングモールなどでは「全館10%オフ」といったようなセールもやっています。

これは、各店舗に協力してもらって、店舗全てに10%オフの商品を用意してもらいます。でもこれってモール側からしたら「全館が10%オフ」と釘打てるので集客に繋がり都合が良いのですが、買い手側からしたらあまりお得ではないんですよね。

店舗は10%オフの商品を別で用意し、それを目立つように店頭に配置しなければならないので、店舗によっては超売れ筋の商品を店奥に引っ込めて目立たないようにしたり、ストックにしまったりすることもあり、セール時期にお店に置いてないこともあります。

チェーン店だと在庫をかかえきれなくて他の割引していない店舗に移動して調整をします。

 

アパレル会社によっては、値引きの仕方、セールの方法はある程度決まっています。これは、いくつかの会社で働いてきたから言えることなのですが、値引きの仕方、セールの方法などについては、その会社によって違いがあり、クセみたいなものがあります。

10%オフ、20%オフと段階的に値引きしていく会社もあれば、一気に30%オフや半額にしていく店舗もあります。

セールするタイミングも週末限定や平日限定なんてものもあります。店舗によっては閉店しないのに何回も「閉店セール」をやります(笑)。きっと効果があるんでしょうね(笑)

 

最後にまとめ

ぜひこれらを参考にしてバーゲンを楽しんで下さい。

しかし、バーゲンで値下げされることを期待するあまり本当に欲しい洋服がタイミングを逃して買えなかったなんてならないように欲しい洋服は定価でも買っちゃってくださいね。

 - ファッション