かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

魅力的にさせるパーソナルカラー(似合う色)とは

      2020/09/23

パーソナルカラー

 

 

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、その人が持つ肌や髪、瞳などに馴染む色のことをいいます。
「似合う色」と言い換えることも出来るでしょう。

みなさんは、何となく「この色はしっくりくる」「この色は自分に合わない」と感じる経験をしているのではないでしょうか。
そのような感覚を、理論的に落とし込めていったのがパーソナルカラーなのです。

自身のパーソナルカラーを把握することで、何となくの違和感が解消され、似合った色を使った上手なコーディネートが実現されます。

 

パーソナルカラーを身につけるメリット

パーソナルカラー

また、パーソナルカラーを知ることで、具体的に次のような効果が得られます。

・美肌効果…顔全体の血色をよくし、肌のハリ・ツヤ感が出る
・肌トラブルのぼかし効果…シミ、クマ、クスミ、赤ら顔、ニキビなどを際立たせないぼかし効果がある
・目力効果…目力をアップさせ、魅力的な表情に見える
・小顔効果…フェイスラインの影が消え、引き締まった小顔に見える
・若返り効果…健康的な印象になり、若く見える

 

四季による色の分類

パーソナルカラー メンズ

引用元:https://www.happycolormagic.com/pe-top/pe-jikosindan-hyou/

パーソナルカラーは、春(SPRING)、夏(SUMMER)、秋(AUTUMN)、冬(WINTER)の4つに分類されます。
それぞれ、下記のような特徴が挙げられます。

春…イエローベースで、明度(色の明るさ度)と彩度(色の鮮やか度)が高い色グループ
夏…ブルーベースで、明度が高く彩度が低い色グループ
秋…イエローベースで、明度と彩度が低いグループ
冬…ブルーベースで、明度が低く彩度が高い色グループ

春・秋は黄みがかったイエローペース、夏・冬は青みがかったブルーベースになっています。
また、春・夏は明るく、秋・冬は暗い傾向にあります。

それぞれ、次のような特徴があります。

■春に分類される人の特徴

スプリングタイプは、透明感のある健康的な肌、ツヤのある髪、キラキラと輝くガラスのように澄んだ瞳の持ち主。顔立ちははっきりしていて、明るく華やかなタイプです。実年齢よりも若々しく見えるせいでしょうか、エネルギッシュで、表情豊かな人が多いようです。

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/190849/

■夏に分類される人の特徴

サマータイプは、きめ細やかなふわっとした肌、やわらかくさらりとした髪、涼しげでソフトな瞳の持ち主。顔立ちはソフトで優しい印象で、上品でしっとりとした雰囲気を醸し出すタイプです。そばにいてほしいと思わせるような、優しさや包容力がありますが、いつも穏やかだからこそ、時折のぞかせる切れ味はとても魅力的に映ります。

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/190850/

■秋に分類される人の特徴

オータムタイプは、強い張りのあるつや肌、ボリュームのあるナチュラルな髪、深みのある濃い瞳の持ち主。顔立ちは落ち着いていてシックな印象で、実年齢よりも落ち着いて見える人が多いようです。思慮深い眼差しのせいでしょうか、思わず相談を持ちかけたくなってしまうような、あたたかい雰囲気を漂わせています。

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/190851/

■冬に分類される人の特徴

ウィンタータイプは、なめらかで張りのある肌、しっとりとつやめく黒髪、強く輝くシャープな瞳の持ち主。顔立ちははっきりして濃い印象で、クールでシャープ、華やかな存在感が際立つタイプです。若くから成熟した雰囲気をもつ人も多く、第一印象に残りやすいタイプといえるでしょう。

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/190852/

 

コーディネートと色

なぜパーソナルカラーを把握すると、上手なコーディネートが実現されるのでしょうか。

それは、人間の視覚情報の80%は「色」で占められているためです。

コーディネートにおける3大要素は「色」「形」「素材」と考えられています。
同じ「素材」「形」のTシャツでも「色」が異なるだけでガラリと印象が変わるのは、視覚情報の80%が「色」であることに他なりません。

 

パーソナルカラー自己診断

ここではパーソナルカラーの自己診断方法をお伝えします。
パーソナルカラーを知るためには、下記の3段階を踏む必要があります。

①「ブルーベース」と「イエローベース」を比較する
②「明るい色」と「暗い色」を比較する
③「グレイッシュな色」と「クリアな色」を比較する

※正確なパーソナルカラーは、カラードレープ(パーソナルカラー診断用の色布)をあてて、顔色の変化を見ながら似合う色を診断します。正しい診断がしたい方は、プロによるカラードレープの診断をおすすめします。

 

1~3のテストの答えが分かれば、自分の色グループが分かります。

一番良いのは色画用紙や色布を用意して、鏡の前で色比較をすることです。もし用意できなければこれまでの体験(着ていると褒められる洋服、着ると顔色が悪くなる洋服)を思い出しながら、答えてみてください。

 

【テスト1】 「ブルーベースとイエローベース」を比較する

カラーコーディネート

ブルーベース

 

色には、ブルーベース(青が強い)とイエローベース(黄が強い)があります。

例えば同じ「赤」でも、イチゴの赤はブルーベース、トマトの赤はイエローベースです。

どちらのベースが似合うのかは人によって違うので判断してみてください。

自分に合わない色を着ている人は、ここを間違っているケースが多いです。

肌がくすんだり、印象が悪くなって見えます。魅力的にさせるパーソナルカラー(似合う色)とは

ベースカラー

 

【テスト2】 「明るい色と暗い色」を比較する

人によって似合う色の明るさというものがあります。次はその「明度」を判定します。

明度を間違うと、肌トラブルが返って際立たせてしまったり、顔の輪郭がぼやけて見えます。

パーソナルカラー

 

【テスト3】 「グレイッシュな色とクリアな色」を比較する

似合う色の「清濁」を判定します。色の中にグレイが混じると、濁り感があるり落ち着きのある色になります。それがグレイッシュな色。クリアな色は、鮮やかで澄んだ色です。

色の清濁を間違えると、印象がぼやけたり、肌色の見え方があまりよくありません。

 

パーソナルカラー

色に迷った時は、これらを参考にぜひ買い物をしてみてください。

「なんかカッコよくなったね!」

なんて、意中の女性に褒められてしまうかもしれませんね!

 

 
 
 
 
 

鼻の形や印象は?

 
 
 

①肌の色・質感について

A:ピンク肌(腕の血管の色が赤みがかった青)で、ツヤ肌(みずみずしく潤いがある肌)ではない
B:イエロー肌(腕の血管の色が青緑)で、ツヤ肌である
C:ピンク肌で、ツヤ肌である
D:イエロー肌で、ツヤ肌ではない

②顔の肌の特徴について
A:頰が薄いピンク 
B:頰が黄み(オレンジ)がかっている
C:顔全体に血色がなく青白い
D:顔全体にツヤがなく、くすみやすい  

③地毛の色
A:黒系だが、わずかに緑がかっている
B:明るい茶系
C:黒系で、黒みが深い
D:赤みがかっている茶系
 
④瞳の印象
A:黒色または茶色でやわらかい
B:黒色または茶色で透明感がある 
C:黒色ではっきりしている
D:茶色ではっきりとしている
 
⑤唇の色
A:透明感がある白っぽいピンク
B:透明感のあるオレンジピンク
C:血色が悪いあるいは深みのある赤
D:くすみのあるオレンジ系のピンク
 
⑥全体の印象
A:優しくて品がある 
B:明るくて健康的 
C:個性的
D:大人っぽく落ち着いている 
 
⑦髪質
A:艶がなくボリュームは多い
B;艶がありボリュームは少ない
C:艶がありボリュームも多い
D:艶がなくボリュームも少ない
 

 

8パーソナルカラー自己診断(セルフチェック)
8自分でできる簡易診断
9Aが多かった方はイエローベース
5パーソナルカラー診断のBefore&After例
5
パーソナルカラー診断タイプ別、顔の特徴
9
1分で簡単にパーソナルカラー自己診断! 以降

2パーソナルカラーを診断しよう!
2【Aが多かったブルーベースさんはコチラ】
2【Bが多かったイエローベースさんはコチラ】

5ちょっと詳しく!パーソナルカラーの種類

2パーソナルカラー診断結果~4シーズンの特徴~
8フォーシーズンカラーによる色の分類
8フォーシーズンカラーごとの特徴と馴染みやすい(似合う)色
8春(スプリング)
8夏(サマー)
8 秋(オータム)
8 ウインター(冬)
8 どの青が似合う?

2中級編:男性ファッション色の組み合わせ
4似合う色はどう使うと効果的か?
5パーソナルカラー別おすすめメンズファッション

4好きだけど似合わない色は着てはいけないのか?

4似合う色は本当に4つに分類できるものなのか?

4素材による発色の違いを知る

 

いらないかも

シーズンカラー

※シーズンの有名人は、あくまでもイメージです。

自分がどのグループなのかを知る事で、似合う色を把握する事ができます。

グループ内の色でしたらどの色を組み合わせてもしっくりくるため、洋服のコーディネートに非常に役立ちます。

パーソナルカラー

 

人のよって似合う色や似合わない色があることを、あなたはご存知ですか?

そしてそれは何故だと思いますか?

答えは、「人は生まれ持った肌の色が違う」からです。

肌の色が異なると、似合う色が決まってきます。
この似合う色のことをパーソナルカラーと呼びます。

これはとても重要で見た目に大きな影響を及ぼします。

分かりやすい例としてこちらの画像をご覧ください。

比較4

見ていて気づいたかと思います、顔の印象が全然違うことに。

布の色はどちらも緑系ですが、青緑では顔色が悪く見え(写真右)、黄緑では明るく見え顔に艶がでて健康的です(写真左)。印象がパッとハッキリ見えるので、この女性の場合は青緑より黄緑の方が相性は良いです。

http://www.watashinomag.com/personal_color/diagnosis
https://clubd.co.jp/wp/post-1260
https://allabout.co.jp/gm/gc/190848/
https://otokomaeken.com/mensfashion/15026
https://styleupjapan.com/menspersonalcolor/#1
https://my-colors33.com/2020/02/11/mens-personalcolor/
https://www.google.com/search?sxsrf=ALeKk025hmirCJboyicRn8vTLf-IjtpHPA:1589677351897&source=univ&tbm=isch&q=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC+%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA&sa=X&ved=2ahUKEwiZ2ffO2bnpAhWaMd4KHQPNCKIQsAR6BAgKEAE&biw=1440&bih=788
https://kurono9620.com/post-2908/
https://kaorino.com/archives/7139#%EF%BC%A1%E3%81%8C%E5%A4%9A%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%96%B9%E3%81%AF%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9_%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%A0%EF%BC%89%E3%81%8C%E4%BC%BC%E5%90%88%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://www.color-style1116.com/men/men-menu

 - ファッション ,