かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

2017年新発売のヒートテック「シームレスタイプ」を着てみたら、従来のモノと違った

   

ヒートテック シームレス

今年も寒い季節がやって参りました。みなさんの中には、冬の服装としてヒートテックを必需品としている方は少なくないのではないでしょうか。

僕も冬は必ずヒートテックを着る程の”ヒートテック愛好家”です。

2017年は新商品として「シームレスタイプ」のヒートテックが販売されています。

そこで、本記事では”ヒートテック愛好家”の僕が「シームレスタイプ」を着てみた感想をシェアしたいと思います。

 

「シームレスタイプ」のコンセプト

ユニクロのホームページでは、「シームレスタイプ」のコンセプトは以下のように紹介されています。

ヒートテック シームレス

①暖かさはそのままに、より薄くて、より軽い着心地。
②襟、袖口、縫い目がなく、柔らかな肌当たり。
③シャツやニットの下で、目立たず、もたつきにくい。

参照元:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/heattech/men/

この3つのコンセプトを、僕が着てみた感想と照らし合わせながら話していきます!

 ①暖かさはそのままに、より薄くて、より軽い着心地

まず「シームレスタイプ」を手にとってみた第一印象は
「薄い!ペラペラ!これでであったかくなるのか!?」
でした。

生地はメッシュで出来ており肌が透けるほどです。
まるで、ユニクロの夏インナー”エアリズム”のような薄さです。

→”エアリズム”についてはこちらで詳しく説明をしています。

あまりの薄さに頼りなさも覚えつつ、着てみました。
すると、コンセプトの通り”軽い着心地”で着ていることを忘れる程の着心地のよさでした!

そして、肝心の暖かさについてです。

”ヒートテックあるある”で、動くと暖かくなるという特徴があります。
なぜ、そうなるのかというとヒートテックの仕組みに秘密があるのです。

→ヒートテックの仕組みについてはこちらで説明をしています。

ただ、「シームレス」はメッシュタイプなので、体を動かしたとしても従来のヒートテック程の暖かさは残念ながら感じませんでした。

 

②襟、袖口、縫い目がなく、柔らかな肌当たり

ヒートテック シームレス

襟や袖口には、たしかに縫い目がなく、切りっぱなしです。
着ていると、従来のヒートテックよりも肌に優しい感じがします。
”柔らかな肌当たり”というコンセプトも大きく頷けます。

ただ、切りっぱなしなので「洗濯したら、ほつれるんじゃないか?」と少し不安がよぎりました。
しかし、その心配は無用だったようです。

今のところ、3回は洗濯していますが全くほつれることがありません。

シャツやニットの下で、目立たず、もたつきにくい。

”目立たず”と”もたつきにくい”に分けて見ていきましょう。

目立たず

「シームレスタイプ」は、白、ライトグレイ、グレイ、ベージュの4色が用意されています。
以下のように使い分けて、目立たなくすることが出来るようです。

○白→白ワイシャツの中に着る
○ライトグレイ・ベージュ→白以外の服の中に着る
○ブラック→濃い色の服の中に着る

僕はライトグレイを購入しました。試しに白ワイシャツの中に着てみましたがほとんど目立つことがありません。

ただ、もっと目立たなくさせたいのであれば、白の「シームレスタイプ」を購入するのが理想的のようです。

もたつきにくい

「シームレスタイプ」は従来のヒートテックより、ゆったりした仕上がりになっているようです。

僕はいつもSサイズのヒートテックを購入するので、「シームレス」も同サイズを購入しました。

すると、いつものようなフィット感は感じず、ゆったりしていたのです。
このゆったり感が、きっと軽い着心地感を実現させているようです。

とはいえ、ゆったりしていても生地が薄いので、もたつくことがありません。
但し、ここで注意しなければならないことがあります。

たとえば、いつもはSサイズを買っているけど今回はMサイズを買うとします。
そうすると、元々ゆったりめで作られている「シームレスタイプ」が、よりゆったりする着心地になってしまい、ブカブカになる可能性が考えられるのです。

なので、購入する際は、ジャストサイズを買うというのが注意点に挙げられます。

 

どんな人が「シームレス」を買うべき?

ヒートテック 暑い

以上のことを僕的に整理すると、「シームレスタイプ」はこのように言えるでしょう。

”サラッと着心地よくて目立たない、だけどそこまで暖かくない”

では、どんな人が「シームレスタイプ」を買うべきなのでしょうか。

■従来のヒートテックを着ていて暑い
「寒いからヒートテックを着るのに、逆に暑くなってしまって丁度いい暖かさにならない」
こんな方に、「シームレスタイプ」はおすすめなのではないでしょうか。

■仕事上、ヒートテックを着ているとすぐ暑くなる
力仕事など体を動かす機会の多い人におすすめでしょう。

■汗をかきやすい
メッシュタイプなのでムレにくいです。

「シームレスタイプ」は半袖しかありません。
しかも、袖の長さがとても短いので、それを踏まえて以上を列記してみました。

 

「シームレスタイプ」が適している時期

「シームレスタイプ」は、そこまで暖かくならないという特徴から、着用するのに適している時期というものがあるように思います。

寒さが厳しくない「10月〜11月の秋」「3月中旬〜4月上旬の春先」に着ると丁度いいのではないでしょうか。

12月〜2月については通常のヒートテックや極暖、超極暖を着るとよいでしょう。

→通常のヒートテック、極暖、超極暖についてはこちらで詳しく説明をしています。

 

まとめ

「シームレスタイプ」の特徴がお分かりいただけたでしょうか。
以上で説明したことを踏まえれば、上手に「シームレスタイプ」のヒートテックと付き合っていけるかと思います。

「シームレスタイプ」を購入する際の参考にしていただけたら幸いです。

 - ファッション