かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

消息を絶った本城匠は現在何している?プロレスからも引退?

   

本城匠

プロレスは怪我が付き物で、それによって欠場を余儀なくされることも少なくありません。

かつてヤングライオンとしてデビューした本城匠も、怪我をきっかけに欠場しています。

あれから約2年。
現在も本城は復帰していません。

果たして本城は、現在どのような状況なのでしょうか。
今回は本城の行方について迫ってみます。

 

本城匠の経歴

本城匠

本城匠は1992年生まれの現在25歳。
小学2年生の頃から柔道をやるなど、子供の頃から格闘技に関わっていました。

高校卒業後には、アニマル浜口ジムに入門しレスリングを学びはじめます。

そして、2014年12月に新日本プロレスに入団。

2016年2月25日に行われたLION’S GATEにて、プロレスリング・ノアのマイバッハ谷口を相手にデビュー。

しかし、デビューして約1ヶ月後の3月26日、出場予定だった静岡大会を練習中の怪我により欠場。

約2年が経つ今も復帰をしていません。

 

新日本プロレスを退団

本城匠 退団

実は2016年11月に、本城のプロフィールは
新日本プロレス公式サイトの「選手プロフィール」から何のアナウンスもなく削除されていました。

これは一体何を意味するのでしょうか。

最近、同じように一切のアナウンスもなくプロフィールから削除された選手がいます。
それは、BONE SOLDIERです。

BONE SOLDIEは新日本プロレスを退団し、現在レスリング教室の先生をやっているという情報もあります。

→現在のBONE SOLDIERについてはこちらの記事でも話をしています。

このことから、本城匠も新日本プロレスを既に退団していることが考えられます。

 

「IWGP王者になる」という夢があった

過去に本城は、新日本プロレスワールドのオリジナルインタビュー「あなたと新日本プロレスのタイムカプセル」にて

将来の目標について語っています。

※↓3:04から本城が出演しています。

動画内では、タイムカプセルにこのような目標を記していました。

「毎日頑張るから!絶対に!あきらめずに!IWGP王者になろう!!」

怪我をしたことで、志半ばにして諦めてしまったのでしょうか。

 

Twitterでは本城匠を気にかけている声もある

新日本プロレスに出場していた期間は、わずか1か月ではあるものの
ファンの記憶に残っていることが、Twitterからうかがえます。

https://twitter.com/_oishiimizu/status/922864188183085056

 

プロレス自体を引退

今も現役ならば、同期の川人拓来との対決も見れたことでしょう。

身体も大きかったので、ヘビー級での活躍も期待されていました。

それらを思うと、大変悔まれます。ファンとしても残念です。

他団体への出場情報もないことから、プロレス自体を引退している可能性もあるでしょう。

でも、せめて”本城なりのIWGP王者”を叶えていってくれたらなとは思います。

 - プロレス