かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

オカダ・カズチカが”NEVER無差別級6人タッグ”に挑戦する「2つの理由」

   

オカダ NEVER

9.5名古屋から開幕する”DESTRUCTION”シリーズの対戦カードが発表されました。

僕がこのシリーズで1つ気になったことがあります。

それは、オカダ・カズチカが”NEVER無差別級6人タッグ”に挑戦することです。

なぜ現IWGPヘビー級チャンピオンのオカダ・カズチカが挑戦するのでしょうか。

 

そこには、「2つの理由」があると僕は考察しています。

 

理由① 前哨戦を白熱させるため

オカダ ケイオス

まず1つ目の理由は前哨戦を白熱させるためでしょう。

G1の結果をうけて、次期シリーズは

・IWGPヘビー級選手権試合「オカダ・カズチカ VS EVIL」

・東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権権利争奪戦「石井智宏 VS 内藤哲也」

この2つの戦いが行われます。

 

ここで注目すべきは、どちらの対戦カードも

「CHAOS 対 Los Ingobernables de Japon」という点です。

 

このことにより、前哨戦は必然的に

CHAOSとLos Ingobernables de Japon(以下L.I.J)で組まれることになります。

 

そして、現在”NEVER無差別級6人タッグ”を保持しているのは

L.I.JのEVIL、SANADA、BUSHIです。

 

IWGPヘビー、挑戦権権利、NEVER無差別級6人タッグの

3つの前哨戦が1つの試合で同時に行うことで、

より試合は白熱するため、CHAOSチームから3人挑戦することになったのでしょう。

 

理由② オカダを二冠王者にするため

ではなぜCHAOSチームからの3人にオカダが組み込まれているのでしょうか。

ここで”あのプロジェクト”を思い出して欲しいのです。

内藤哲也が噛み付いたアレを…。

 

覚えているでしょうか?

内藤哲也

そう、”オカダ2億円プロジェクト”です。

これは端的にいえば、

「2億円をかけてオカダをスターにする」というプロジェクトです。

 

スターにするというからには、オカダをより”強いチャンピオン”にしなければなりません。

その一環として、オカダを二冠王者にするいう目的があるのでしょう。

この「二冠王者にするため」が2つ目の理由です。

 

二冠王者といえば、

現在「Jrヘビー」と「ROH世界TV」を保持しているKUSHIDAが挙げられます。

どうでしょう、現在のKUSHIDAにチャンピオンとしての強さを感じませんか?

会社はオカダにもこの強いチャンピオン像を築かせたいのでしょう。

 

以上が僕の考察です。

果たしてオカダ・カズチカは更なる強いチャンピオン像を築けるのでしょうか。

 - プロレス