かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

RADWIMPSの隠れた名曲14選!歌詞に注目しながら紹介

   

RADWIMPS 隠れ名曲

映画「君の名は。」の音楽を手掛けたことで、一躍全国区になったバンド・RADWINPS。
2016年の「第67回NHK紅白歌合戦」にも出場し、現在では一般層に広く知れ渡っています。

そんなRADWIMPSの名曲は何かと聞かれたら、多くの人は「君の名は。」の主題歌「前前前世」と挙げるのではないでしょうか。

しかし、RADWINPSが結成されたのは2001年と歴史は長いです。
それだけに、「前前前世」以外にもたくさんの名曲があります。

本記事では、RADWIMPSを初期の頃から知っている僕が、世間に広く知られていない隠れた名曲を紹介します。

 

RADWIMPSの隠れた名曲14選

世間に知られる機会が多いタイアップ曲やラジオでよく流される曲、メジャーデビュー以降のシングル曲を除外した隠れた名曲を紹介したいと思います

 

①なんちって

なんちって」は、2ndアルバムRADWIMPS2〜発展途上〜 」に収録されている曲です。

はっちゃけ感が楽しく、色々なメロディーが次々と叩き込まれています。

「なんちって」というタイトル通り、歌詞は曖昧な言葉で濁されており、表面的には何を歌っているのか分かりません。
しかし、よく読んでみると「本音で生きることの大切さ」を込めた歌詞になっています。

核になるメッセージをカモフラージュして伝える、実に野田洋次郎らしい歌詞です。

 

夢見月に何想ふ

「夢見月に何想ふ」は、2ndアルバムRADWIMPS2〜発展途上〜 」に収録されている曲です。

「夢見月に何想ふ」の歌詞は、若い頃の自分を羨むことについて綴られています。
印象的な歌詞は以下です。

泣いた笑った叫んだ その”今”の連鎖が僕なら
偶然に生きてきた そして「今」の連鎖が僕なら

悲しみよ苦しみよ痛みよ気持ちよさよ ありがとう

若かりし頃に戻りたまると願わん君の愚かさに
今までの全ての言葉と出会いは己を恥じて時を呪う

いつかの青すぎた夢も季節は教えてくれよう
再び出会ったときに見舞うその色は違えど

現在というには、過去の積み重ねで成り立っています。

この歌詞には「若い頃に戻りたいと願うことは、現在を否定する恥ずべき行為である」というメッセージが込められていると考えられます。

それと同時に、「過去に感謝して今を生きよう」という野田洋次郎からの裏メッセージを感じ取れます。

「夢見月に何想ふ」が収録されている「RADWIMPS2〜発展途上〜 」が発売された時、野田洋次郎の年齢は19歳です。

20歳に満たない青年が書くような歌詞とは到底思えません。
歌詞をよく読んでみると、野田洋次郎が持つ人生哲学に圧巻します。

切ないメロディーが、過去を羨む”君”の心情を際立たせ、とてもセンチメンタルな気分になる曲です。

 

③愛し

「愛し(かなし)」は、2ndアルバム「RADWIMPS2〜発展途上〜 」に収録されている曲です。
「愛し」は、アルバムのキー曲であり、のちにシングルカットされた初期を代表する曲です。

初期の曲は、野田洋次郎が当時付き合っていたマキさんに捧げた曲が多いというのは、ファンの間では周知の事実です。

「愛し」では、「傷つけてきた人の顔にだけモザイクをかけて、また心は愛をさがす」利己的な僕(野田洋次郎)が君(マキさん)の優しさに触れ、真の「愛の存在」に気づいていく様子が描かれています。
野田洋次郎にとってどれだけマキさんが大切な存在であったかが伝わってくる曲です。

6分半という長尺でありながら、バラードから始めり、ミドルテンポを経てロックチューンへと変化する展開で面白いので長さを感じさせません。

 

④螢

「螢(ほたる)」は、3rdアルバムRADWIMPS3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」に収録されている曲です。

この曲は、螢の心情が歌詞に綴られています。

螢は、光るとみんなに「キレイ」と認めてもらえるけど、光らないと誰にも気づいてもらえない。
そんな、螢の儚い気持ちが歌詞に込められています。

光って消えるただそれだけと知りながら 光る僕はきれいでしょう?

切ないメロディーが螢の儚さを際立てています。

 

⑤最大公約数

「最大公約数」は、3rdアルバムRADWIMPS3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」に収録されている曲です。

「最大公約数」は、僕(野田洋次郎)と君(マキさん)の関係が最大公約数に例えられています。

君が8なら僕は2になる 僕が10なら君は5になる

君(マキさん)が8だと公約数の2にしかなれない僕(野田洋次郎)。
僕(野田洋次郎)が10だと最大公約数の5になれる君(マキさん)。

「愛し」と同様、公約数にしかなれない利己的で僕(野田洋次郎)と、相手を想って最大公約数になれる君(マキさん)の違いが表現されています。

とはいえ、その関係を否定するでもなく

僕は僕で君は君 その間には無限にあるはずだよ
2人だけの公約数

と表現しているのが野田洋次郎らしいなと感じます。

 

⑥トレモロ

「トレモロ」は、3rdアルバムRADWIMPS3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」に収録されている曲です。
歌い出しの美しいメロディーとサビが印象的で、僕がRADWIMPSで最も好きな曲です。

僕が一番好きな歌詞は、

最近は映画の見すぎで奇跡も珍しくなくなったね
心にもないことでもすらすら言えるようになったよ

ほら 僕が僕から離れてく そんなことさえも忘れたくなる
「真実とはねそれだけで美しいんだ」と 言って

です。

理想の自分から離れていく絶望感の中で、
「君は君のままでいいんだよ」と言ってもらえることがどれだけ救いになるかが込まれている、いいフレーズだなと感じます。

 

⑦ジェニファー山田さん

「ジェニファー山田さん」は、7thシングル有心論」に収録されているカップリング曲です。

「ジェニファー山田さん」は、RADWIMPSの別名義バンド「味噌汁’s」の代表曲です。
楽しいメロディーなのでポップに聞こえますが、歌詞に注視してみると、ふざけた表現で政府を皮肉っています。

もしも俺が明日死ぬなら 爆弾抱えて向かうんだ
永田町に○○○に会って目の前で吹き飛びたい

「○○○」の部分は、音源ではピーと規制音が入っていますが、ライブではその年の総理大臣の名前で歌っています。

 

⑧バイ・マイ・サイ

「バイ・マイ・サイ」は、8thシングルセツナレンサ」に収録されているカップリング曲です。

曲タイトルの「バイ・マイ・サイ」は、「by my side(私のそばにいて)」の口語にしたものです。
全英語詞ですが、日本語訳を見てみると、「君」に対する愛を純粋すぎるほどストレートに歌った曲になっています。

心地よいメロディーに切ない歌詞が重なって、とてもいい曲です。

「バイ・マイ・サイ」は、2016年に公開されたRADWINPSのドキュメンタリー映画「HESONOO」内で、野田洋次郎がONE OK ROCKのボーカル・Takaと一緒に歌われていることで話題になりました。

 

⑨me me she

「me me she(めめしい)」は、4thアルバムRADWIMPS4〜おかずのごはん〜」に収録されている曲です。

一部のファンの間では、RADWIMPS史上最強の失恋ソングの呼び声が高い曲です。

今までほんとにありがとう 今までほんとにごめんね
今度は僕が待つ番だよ 君が生きていようとなかろうと
だってはじめて笑って言えた約束なんだもん

「さよなら」と一緒に 僕からの言葉を
「ありがとう」と一緒に 「ごめんね」を

歌詞の内容から、「me me she」をつくった時にはマキさんと別れていることが推測されます。

未練が残っている自分の気持ちを包み隠さず表現している歌詞は、史上最高の失恋ソングと言われる所以なのかもしれません。

 

⑩夢番地

「夢番地」は、4thアルバムRADWIMPS4〜おかずのごはん〜」に収録されている曲です。

僕が立っているここはきっと誰かの願ってる場所で
誰かが立っている場所がきっと僕の望む場所で
誰かがきっと今僕にとっての夢を叶えてくれている
僕もきっと 誰かにとっての夢を叶えている

「自分という存在が、誰かの夢を叶えている」というメッセージが込められています。
例えば、生まれたての赤ちゃんは、「子供が欲しい」と願った両親に夢の上に立っていますよね。

「価値のない人なんていない」という野田洋次郎からのメッセージが隠れているように感じます。

 

⑪グーの音

「グーの音」は、9thシングルオーダーメイド」に収録されているカップリング曲です。

「グーの音」は全英語詞です、和訳を読んでも何を言っているのか分かりません。
ただ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズっぽさがあり、ノリノリになれる良曲です。

 

⑫ハイパーベンチレイション

「ハイパーベンチレイション」は、10thシングル携帯電話」に収録されているカップリング曲です。
RADWIMPSの楽曲の魅力は振り幅の大きさも挙げられます。

「ハイパーベンチレイション」では、高速ラップと高度な演奏技術が聴ける曲です。
ギターのフレーズが最高にかっこいいです。

 

⑬寿限夢

「寿限夢(じゅげむ)」、13thシングル狭心症」に収録されているカップリング曲です。

歌詞が暗号のようのなっており解読不能ですが、クセになるメロディです。
何回も聴きたくなる名曲です。

 

⑭DUGOUT

「DUGOUT(ダグアウト)」は、6thアルバム絶体絶命」に収録されている曲です。

RADWINPSで最もメロディアスなサビです。
メロディック・パワー・メタルが好きな僕にとっては、大好物な曲です。

「DUGOUT」の歌詞は、孤独や敗北感など通して迷いながら生きる人の様子が描かれています。
そして、最後にはこう結んでいます。

何言われようが その手その脚縛られようが
その脚が向いた方が いつ何時だって前になんだ
前倣えって言われようが 気づいたらビリになっていようが
後ろ振り返ってみりゃ ほら先頭にブッチギって立ってるんだ

迷いながらも進んできた軌跡こそが、あなたにとっての正しい道であると言っているように感じ取れます。

 

最後に

RADWIMPS 隠れ名曲

RADWIMPSの人気の秘訣は、何といってもボーカル・野田洋次郎の歌詞です。
ですので、本記事では歌詞に注目しながら隠れた名曲を14曲紹介しました。

みなさんにとってのツボになる楽曲は見つかったでしょうか。

RADWIMPSは、メジャーデビュー以降にリリースした楽曲を以下のサブスク音楽配信サービスで解禁しています。

Apple Music
Spotify
LINE MUSIC
AWA
Amazon music
YouTube Music
RecMusic
dヒッツ
Rakuten Music
KKbox
mora qualitas

ぜひ聴いてみてください。

 - かめたく独り言