かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

【うまくいっていない人へ】執着をやめたらホントにうまくいった

      2016/10/25

執着をやめた

振り返ってみると、僕の人生はうまくいっていない時期ほど何かに執着していたなと思います。

誰かに期待し、出来事に期待し、その期待が訪れることがなければ、心を奪われ心を乱す。

そんな感じでした。

今の僕はそういったことに執着することをやめました。

今回は執着することをやめて気付いたことについて話していきます。

 

他人に期待しなくなった

人に期待することをやめた

社会の中で生きていると人間関係で悩むことって多いですよね。

この人のここがいやだ!

とか

この人がこうしてくれればいのに!

とか。

 

僕も以前はそういう事を考えたりしていました。

むしろそればかりでした。

会社で気が合わない人が多かったので(笑)。

 

しかしある時、それら全てが面倒になって

考えるのをやめました。

 

他人に執着することをやめました。

言い方を変えるなら人に期待することをやめました。

 

そうしたところ、不思議と

他人について考えてヤキモキすることもなくなり、

心は騒がしくなることがなくいつも落ち着いていられるようなりました。

 

許せるようになった

人を許す

落ち着くようになると心に余裕が生まれるようになりました。

余裕が生まれると他人に対して寛大になってくるんですよね。

他人を許せるようになりました。

この人はこの人だから、、、と他人のダメな部分も認められるようになりました。

そうなると自分のダメな部分も認めてあげられるようになるんですよね。

早起き出来ない自分も、楽したい自分も、やる気が無い自分も全部認められるようになります。

そうなってくると自分を大切にできるようになってきました。

 

人間関係が良くなった

人間関係が良くなる

自分を大切にできるようになると、他人のことも大切にできるようになってくるんですよね。

そうすると、相手も自分の事を大切にしてくれるようになります。

 

それと同時に、相性が合わない人とは無理なく自然と関係が途切れるようになります。

こういった経験から

他人といい関係を気付くには、執着をしない事というのは本当に大切だなという事に気付きました。

 

まとめ

以上、サラッとかいつまんで箇条書きのように話してみたのですが、人生においては極めて重要な事です。

読んでるあなたが本当にイキイキ充実した日々を過ごしたいのであれば、執着をやめることを強くオススメします!

もし何かにうまくいっていないんだったら、なおさら効果大です。

ぜひ試してみて下さい

 - 幸せな生き方