かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

タグチジャパン(田口ジャパン)Tシャツの背番号の由来は適当だった(笑)

   

サングラスやジャージ、マフラータオル等、グッズが飛ぶように売れる人気チーム「タグチジャパン」。

これら多くのグッズの中で、一つ気になる事があります。

 

それはTシャツの背番号です。

タグチジャパンのメンバーそれぞれのTシャツが販売されていますが、

その背中には「あ〜なるほどね!」と理解出来る背番号から、

「なぜその番号?」と疑問を抱く背番号まであります。

 

実は、これらの背番号の由来を調べてみますと、

かなり適当につけてるということがわかりました(笑)。

背番号の由来

タグチジャパン

タグチジャパンメンバーの背番号の由来は下記の通りです。

田口隆祐(69)…第69代ジュニアヘビー級チャンピオンのため

棚橋弘至(1/100)…「100年に1人の逸材」から

真壁刀儀(55)…田口監督がキングコングとゴジラを聞き間違えて、松井秀喜の背番号55にしてしまった

小島聡(54)…コジ→54

中西学(7024)…なかにし→7か24→7024

KUSHIDA(94)…クッシー→9ッ4ー→94

リコシェ(88)…リコシェの生まれ年(1988年)から

デヴィッドフィンレー(00)…面白い数字だから

ジュース・ロビンソン(13)…ジュース→10ス→13

ハリウッドJURINA(17)…ジュリナ→10リ7→17

 

見て分かる通り、ことごとく由来が適当ですよね(笑)

特にフィンレーは、かなり適当すぎます笑^^;

 

”タグチジャパン”というチーム名の由来

とはいえ、背番号だけでなくチーム名の由来も適当だったのです。

「1.5後楽園」のメインイベントで急造タッグ「中西&棚橋&田口」組でNEVER6人タッグに挑戦し、まさかのベルト奪取がことの始まりでした。

 

この試合後、棚橋が「まぁ、追々チーム名は発表しますんで」とコメントを残します。

棚橋は「NEVER6」等いくつか案を出しましたが、

チーム名はなかなか決まりませんでした。

 

そんな中、田口の応援サングラスに

「サムライブルーをイメージした」新色の青が追加されたのです。

 

そこで、新日本プロレス商品部の方がツイッターで

「#タグチジャパン」をつけ新色の応援サングラスが追加されたことをツイートでアピールしました。

このツイートを見た棚橋が、「チーム名『タグチジャパン』だったのか」と勘違いのツイートし、

それに田口が乗っかる形でチーム名が決まったのです。

まさに適当!

 

そんなタグチジャパンからこれからも目が離せません(笑)。

 - プロレス