かめたくルーム 自由気ままに着て観て食べて

実は、”BONE SOLDIER”には4つの意味があった!

   

BONE SOLDIER

並々ならぬ決意でベスト・オブ・ザ・スーパージュニアのファイナリストまで上り詰めた石森太二。
彼は事あるごとにこの言葉を発します。

”BONE SOLDIER”

実は、このワードには以下の4つの意味があるのです。

①BULLET CLUBの絆
②BULLET CLUBのロゴマーク
③覆面レスラー
④石森太二のキャッチフレーズ

そこで今回は、”BONE SOLDIER”にまつわる4つの意味に迫っていきます。

 

①BULLET CLUBの絆

BONE SOLDIER

そもそもBON SOLDIERとは、異国の地日本で同じ志を持った「BULLET CLUBの絆」を意味するものです。

上記の画像は、結成当初のBULLET CLUBメンバーです。
確かにBONE SOLDIERと表示されていますよね。

この絆が特別なものであることが、飯伏のツイートから感じ取れます。

 

②BULLET CLUBのロゴマーク

BONE SOLDIER ロゴマーク

BONE SOLDIERは、BULLET CLUBのロゴマークとしても描かれています。

このロゴマークが浸透して以降は、「BON SOLDIER」=「BULLET CLUBのロゴマーク」になりました。

 

③覆面レスラー

BONE SOLDER 平澤光秀

また、2016年にはロゴマークが現実の世界に飛び出す格好で、
BONE SOLDIREという覆面レスラーが出現しました。

この覆面レスラーの正体は、同年BULLET CLUB入りを果たした、
キャプテンニュージャパンです。

以下の動画の[3:02]から見ると、
キャプテン・ニュージャパンがBULLET CLUBに入り、
BONE SODIERとして活躍するまでの流れを理解出来ます。

同年以降、BONE SOLDIER=「覆面レスラー」を指すようになりました。

→覆面レスラーのBONE SOLDIERについてはこちらで詳しく説明をしています。

 

④石森太二のキャッチフレーズ

BONE SOLDIER 石森太二

ところが、覆面レスラーのBONE SOLDIERはたった3ヶ月で新日本プロレスから姿を消しました。

そして、行方を眩ませている中流れたのが、
そう、この動画です。

→「BONE SOLDIERWILL RETURN」についてはこちらで詳しく紹介しています。

「まさかあのBONE SOLDIERが復活!?」等と、SNS上で多分に話題になりましたが、
久しぶりに姿を現したBONE SOLDIERの中身は、以前とは違う石森太二でした。

「最後に笑うのはこの俺、”BONE SOLDIER”タイジ、イシモリ、It’s REBORN」

そう主張する石森によって、
現在は「BONE SOLDIER」=「石森太二のキャッチフレーズ」として知れ渡っています。

 

失われていないBONE SOLDIERの意思

BONE SOLDIERには、以上4つの意味があり、
今では、本来の意味の「①BULLET CLUBの絆」が失われているように見えます。

ですが、「BONE SOLDIERWILL RETURN」のVTRが流れた際のファレのツイートを見る限りでは、
どうやらその意味は失われていないようです。

訳すと「おそらくこの男が、BULLET CLUBの内紛を解決してくれるだろう」です。

この言葉の裏には、
「BONE SOLDIERの登場によってBULLET CLUBの絆は復活するだろう」
という意味が含まれているように思えてなりません。

今回の内紛問題ではBULLET CLUBは崩壊していません。

その様子からは、結成当初からメンバーが変わろうとも
BONE SOLDIERの意思は不変的に受け継がれているようにも見えますよね。

 - プロレス